FC2ブログ




【速報】ロードオブヴァーミリオンが奇跡の復活ッ!最新作『Lunch of Vermilion』稼働開始!!!! ※

2020年9月19日、徳島県にあるゲームセンター「アポロゲームセンター沖洲店」の公式Twitterアカウントが店内に設置された飲食スペースを紹介するツイートを行い話題になっている。

というのも、どうみても飲食スペースが『ロードオブヴァーミリオン3,Re:3,4』の筐体なのだ。

多くのLoVファン達がこの件についてコメントを出しているので紹介したい。

EiPhSQCXkAMABOw.jpg


>>続きを読む

本日8月31日はロードオブヴァーミリオン4の一周忌。ファン達がハッシュタグ #LoV勢集合企画 でLoV愛を語る

2019年8月31日23:59、『ロードオブヴァーミリオン4』は死んだ。

10年続いたロードオブヴァーミリオン最新作のあまりにも短すぎる”人生”に涙した人も少なくないはずだ。

そして分かり切っていた”死”を止めることができなかったことを悔やんだ人も多かっただろう。

ナンバリング最新作とは名ばかりのLoV3・Re:3筐体の再利用・カードの焼き回し、

ゲーム性や筐体に大きな変化がないにも関わらず前作カードの使用制限・データリセット、

LoVシリーズを導いた巨匠・TANZAWA氏の離脱、

今思えば『LoV4』は始まる前から負け戦だったのかもしれない。


毎日のように朝から晩までゲーセンに入り浸っていたとあるLoVプレイヤーはこう言ったそうだ。

「俺がスクエニに入社していればこんなことにはならなかったはずだ…」


あれから1年。

とある有志ファンが没後1年に合わせてTwitterハッシュタグ「#LoV勢集合企画」を立ち上げた。


企画者によると当初は「LoVが終了した日8/31に合わせてLoV絵を投稿する企画」だったそうだが、

同ハッシュタグを付けたツイートが拡散されるうちに、かつてLoVシリーズを愛したファン達が懐古ツイートをするものへと変貌していった。

LoV絵はもちろんのこと、懐かしさと寂しさ・無念さ等あらゆる感情のつまったツイートが多く寄せられていたので紹介したい。

なお以下のツイートはTwitter社が提供するAPIの””規約に基づいて引用””しているので、基本的に掲載拒否の”お願い”については対応できかねないのでご了承いただきたい。

※できることなら全ての投稿を載せたいが記事ボリュームの関係で一部抜粋とさせて頂いた。
※なお露■度が極めて高いエ■チな絵は好きだが昨今の情勢を鑑みて掲載は見送ることにした。気になる方は自分の目で確かめて欲しい。

>>続きを読む

【LoV】かつてLoV界隈を賑わせた有名ゲームライター「リプ斉トン」がTwitter・Youtubeを開始!!!スクエニの巨匠TANTAN氏も反応

かつてロードオブヴァーミリオン界隈を賑わせた有名ゲームライターの「リプ斉トン」がTwitter・Youtubeを開始した。

「リプ斉トン」によると家業でゲームソムリエ(???)をしているとのことで、

好きなゲームジャンルや所有ハードなどを伝えるとオススメのゲームを教えてくれるそうだ。

この機会にゲームソムリエと化したリプ斉トンにオススメを教えてもらってはいかがだろうか。

またリプ斉トンの登場によって元LoV3プレイヤー界隈がまるで同窓会のようなムードになっているので有名人の反応を紹介したい。

>>続きを読む

来年開催のJAEPO2020の出展企業リストが判明!気になるスクエニは…

アーケードゲーム機の見本市JAEPO2020の詳細が判明


ジャパン アミューズメント エキスポ2020
2020年2月
7日(金)10:00~17:00 ※ビジネスのみ
8日(土)10:00~17:00 ※ビジネス+一般

主な出展企業
・セガ
・バンナム
・KONMAI
・タイトー

※スクエニの出展なし


LoVシリーズの復活はまだ時間かかりそうだね。


【悲報】登録者320万人超えYoutubeチャンネルの出演者がスクエニのアケゲーを猛烈批判!「LoV4は爆死」といった過激な発言も【動画あり】

1b5d08a8bdd3adb5bd8ab9ad5d43f94d.png

登録者数320万人超えのYoutubeチャンネル「ヒカル」でお馴染みの遊楽舎の店長氏が自身のYoutubeチャンネル「遊楽舎ちゃんねる」に投稿した動画内でスクウェア・エニックスのアーケード部門をゲームセンター側の視点で批判していると話題になっている。

遊楽舎の店長氏とは
現在は女性ファン獲得のためにアイドル路線を突っ走っている登録者数320万人超えのYoutuber「ヒカル」氏の実写動画にたびたび出てくるカードショップ兼ゲームセンター「遊楽舎」の店長である。

「ヒカル」氏は店長との絡みの動画で人気に火が付いたこともあり、店長氏は「登録者320万人超えのトップYoutuberを育てた男」とも言えるだろう。

また現在では店長氏自身が主役のYoutubeチャンネル「遊楽舎ちゃんねる」を立ち上げており、登録者数は約24万人と中堅Youtuberとなっている。

なお店長氏の人柄を知らない人のために言っておくと「毒舌キャラ」ではあるものの、あくまでも「ヒト・モノ・カネ」に対する深い愛があっての発言であり悪意はないので気を悪くしないでほしい。

問題の動画

再生時間は22分と長いので各項目ごとに要約して説明したい。

>>続きを読む

【LoV4】『ロードオブヴァーミリオン4』2019年8月31日をもってネットワークサービス終了へ

2019年5月31日、スクウェア・エニックスはオンラインアーケードゲーム「ロードオブヴァーミリオン4」のネットワークサービスを8月31日で終了すると発表しました。

サービス終了の理由については運営チームによると「様々な要因が重なり勝手ながらこのような結論に至りました」としています。

思えば当アケゲ速報は当時管理人が夢中になってプレイしていたLoV3をキッカケに開設しました。
そのLoV3の精神を受け継いだ“正統後継作”の事実上のサービス終了は残念です。

【LoV4】『ロード オブ ヴァーミリオン IV』が次回3/28で最終アップデートに。突然の別れにファン号泣

20190321tantan.jpg

2019年3月20日、『ロード オブ ヴァーミリオン IV』が次回3月28日のオンラインアップデート(Ver4.210)で最終オンラインアップデートとなることが判明した。

オンラインアップデートは3/28で最後となるが、まだ完結していないストーリーについては公式サイト内で小説の形で掲載予定とのことだ。

また、今回はあくまでも「最終オンラインアップデート」であり、今後もゲームプレイは可能である。

【3月28日(木)アップデート予定 Ver.4.210】
■使い魔のバランス調整
■アイテムデータの追加

以下、ファン・浅尾D・管理人コメントまとめ

>>続きを読む

LoVシリーズ最新作『ロードオブヴァーミリオンRe』のPV動画が公開!今冬導入予定

20181119lov.jpg

LoVシリーズ最新作『ロードオブヴァーミリオンRe』のプロモーション動画が公開された。

『ロードオブヴァーミリオンRe』は2016年10月に発売された『パチスロ ロードオブヴァーミリオン』の正統後継策となる。今年7月より「ロードオブヴァーミリオン」がTVアニメ化されたこともあり業界の注目度もかなり高い。

『ロードオブヴァーミリオンRe』には純増5.7枚/Gという圧倒的スピード、そして6号機ならではの獲得性能「ヴァーミリオンBONUS」、天国モード革命「ヴァーミリオンループ」といった特徴がある。

なお『ロードオブヴァーミリオンRe』は今冬の導入を予定している。

動画


ソース元

【LoV4】TVアニメ「ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王」第2話を見た海外の反応まとめ「彼はマイケルジャクソン志望なのか?」「May'n好き!」

DikdA2dW0AAd-Sk.jpg 

7/20に放送されたTVアニメ「ロードオブヴァーミリオン 紅蓮の王」を見た海外の反応をまとめたのでごらん頂きたい。

前回に引き続きポジティブなコメントも拾ってはいるが、辛らつなコメントもあるので閲覧注意である。

>>続きを読む

【LoV4】TVアニメ「ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王」第1話を見た海外の反応まとめ「戦闘がクール!(仏)」「唯一魅力を感じるアニメ(米)」

7/13(金)よりTVアニメ「ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王」の放送が開始された。

残念ながら日本国内の反応は第1話の時点でやや盛り上がりに欠けているが、これからの展開次第では多くのアニメファンの記憶に残る作品になり得るだろう。

一方で海外のアニメファンは予想できない物語に好意的な反応を示す人も複数存在しており、それなりに評価されているようだ。第1話を見た海外アニメファンの反応を紹介したい。

海外の反応まとめ
※ソースはツイッター
※国籍は言語から推測したものです
 May'n オープニングソングを聴けることが素晴らしい。(韓国)

私はロードオブヴァーミリオンシリーズを知らないので第1話を見た後に混乱しています。東京を襲った大共鳴は理解できたが、残りは理解できないです。この戦闘シーンはすごくクールでした!(フランス)
DiFUuC9WkAEn1uE.jpg 

私はこのオープニング好き!(英語/米国?)

ロードオブヴァーミリオンは私の好奇心を呼び起こした(トルコ)

唯一魅力的に感じるアニメです(英語/米国?)

>>続きを読む

ページの1番上へ | 次へ>>