FC2ブログ




【星翼】『星と翼のパラドクス』現行を最終バージョンとしてネットワークサービスのみ継続へ ユーザーからは「コロナの影響」を嘆く声も…

2020年11月5日、スクウェア・エニックスが運営するアーケードゲーム『星と翼のパラドクス』は現行を最終バージョンとしてネットワークサービスのみ継続する運営への移行を発表した。

またゲーム内の戦績の確認やコミュニティ機能の付いた連携サービス『星翼ナビ』は12月9日(水)15:00をもってサービス終了となる。

さらにユーザーに寄り添った形で情報を発信していたTwitterアカウント『ほしつば情報局』は11月5日(木)をもって運用終了となった。

>>続きを読む

【丹沢悠一×貞本義行】最新作「星と翼のパラドクス」は11月21日(水)稼動開始!

ついに11月21日(水)より新作アーケード「星と翼のパラドクス」が全国のゲームセンターで稼動開始する。

「星と翼のパラドクス」は大ヒット作『ロードオブヴァーミリオン3』の丹沢悠一がプロデューサーを務め、キャラクターデザインは『エヴァンゲリオン』などで知られる貞本義行が担当。さらにアニメーション製作にはサンライズ、ゲーム開発はバイキングと豪華な面々が揃っている。

同作の主題歌は作曲を「菅野よう子」、歌唱はEGOISTの「chelly」が担当しており、主題歌は公式プロモーション動画で確認することができる。

またゲーム筐体は『可動筐体』を採用。ゲーム画面と連動して座席が動く仕組みだ。

競合するエンタメ産業(アプリゲームやコンシューマーなど)のクオリティが格段に上がってきた今、アーケードゲームが生き残るには単純なビデオゲームではなく「ゲーセンでしか楽しめない体験」を提供する必要がある。

ゲームセンターでしか体験できない特別なギミック『稼動筐体』はアーケードゲーム復活の起爆剤になるか注目が集まっている。

▲「星翼」アニメPV


▲「星翼」PV

公式サイト

ページの1番上へ