FC2ブログ




2019年2月20日をもってAC『ソウルリバース』サービス終了へ 筐体は2/21稼動の『クロノレガリア』へ転生

20190219soul.jpg
2019年2月20日をもってAC『ソウルリバース』(セガインタラクティブ)のサービスが終了する。
『ソウルリバース』は2018年2月22日(木)より全国のゲームセンターで稼動開始されたアーケードゲームだ。
わずか1年弱でのサービス終了となる。




苦戦の理由
『ソウルリバース』のゲーム性についてはセガのAC『ボーダーブレイク』と似ていたために比較されることが多く、両タイトルをプレイしたユーザーからの厳しい意見がTwitter等のSNSで拡散されることも多々見られた。

また「ソウルリバース」のIPを使用したスマホアプリ『ソウルリバースゼロ』も配信されていたが、上手く相乗効果は生み出せなかったようだ。
※スマホアプリ『ソウルリバースゼロ』のサービスは引き続き行われる。

一方で『ソウルリバース』のダークファンタジー風の世界観は非常に魅力的であり、一定数のファン獲得に成功したのも事実である。

ファンやゲーセンユーザーからは新作ACのわずか1年弱でのサービス終了を惜しむ声が相次いでいる。

サービス終了とコンバート
『ソウルリバース』は2019年2月21日(木)AM4:00以降になるとゲームを開始することができなくなるため”やり収め”を考えている人はぜひゲーセンへと足を運んで欲しい。

なお『ソウルリバース』の筐体は2月21日(木)稼動の最新AC『クロノレガリア』へとコンバート(※)される予定となっており、ゲームセンターによっては作業の都合でサービス終了前に筐体が使用できなくなる可能性があるので注意が必要だ。
※コンバート…ゲーセンにおいては筐体を別なゲームタイトル向けに改造することを指す

ソース元


関連記事

この記事へのコメント:




ページの1番上へ